• 03-5615-1566
  • 透析:8:15~22:30/内科:9:30〜18:30

オーバーナイト透析

オーバーナイト透析とは

オーバーナイト透析とは夜間の睡眠時間を利用して透析を行う治療法です。 23時頃からの治療になるので残業後や家族との夕食後など様々な予定が立てやすく、より充実した生活設計が可能になります。日中に行う透析治療と比較してより十分な時間を確保できますので、ゆっくりと尿毒素を除去し、身体への負担も少なく総合的に効率の良い透析治療が期待できます。

オーバーナイト透析

透析に関するよくある質問はこちら


当院のオーバーナイト透析

オーバーナイト透析

週1回(金曜日)のオーバーナイト透析

週末の夜間に治療を行うことで土日のお休みを有意義にお過ごしいただけます。


オーバーナイト透析でも別途負担無し

他院ではオーバーナイト透析を行う際に別途3000円程度の自己負担が発生することがありますが、当院では別途のご負担は不要です。


22:45から入室可能。翌朝7時前後までの8時間透析

睡眠時間を利用しますので、体感時間が短くストレスのない長時間透析が可能です。


BV計による循環動態の管理

BV計を使用することにより睡眠中の血圧測定の必要性が無くなり、より快適で安心な睡眠を得ることができます。


シャワールームの完備(1回100円)※5枚綴り

シャンプー、リンス、タオル、ドライヤー等の備品は無料でご利用いただけます。


オーバーナイト透析の効果

通常の透析治療より透析量が増え、ゆっくりと尿毒素の除去を行う事で体に負担が少ない等の様々な効果が期待できます。

内服薬の減量

リンがコントロールされやすくなり、血圧も安定する事から内服薬の減量が可能になります。

合併症の予防や軽減

透析を続ける事で生じる透析アミロイド症やかゆみ、新機能低下などの様々な合併症を予防・軽減の効果が期待されます。

透析後のだるさの減少

尿毒素の除去をゆるやかに行いますので身体への負担が減り、通常の透析後に感じるだるさやイライラ感といった症状の軽減効果があります。

通常の透析と比較して生命予後の向上

十分に尿毒素を除去し、身体に負担なくできる長時間の透析は、合併症の予防だけではなく透析患者の生命予後の向上につながります。また食事制限の軽減も可能になります。


オーバーナイト透析開始までの流れ


※週1回のみ当院でのオーバーナイト透析は管理が難しく基本的には受けておりません。
ご了承下さるようお願い致します。
※現在、オーバーナイト透析希望の患者様が多くいらっしゃいます。
当院にご転院していただいても、すぐには開始できない可能性がございます。ご了承下さるようお願い致します。


その他の透析方法

予約・問い合わせページ